読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されジョーズ

music writer 上野三樹

お花見は好きだけど地べたに座るのが嫌。

3月の終わり頃はまだ冬のように寒い日もあって、お花見のことなど考えられないのだけれど。それでもやっぱり4月に入るとそれなりに温かくなって、やっぱりきっちり桜が咲く。毎年わかってはいるけれどイマイチついていけないことのひとつだ。

「あ、桜が咲いてる!」と思った時の嬉しさこそがお花見の醍醐味なのかなと思う。その時に「ほんとだ咲いてるね!」と分かち合える人がいて欲しいから、日本人はお花見をわざわざ計画するのだろう。桜の花が綺麗かどうかは実はあんまり関係ない。綺麗さで言えば、もっと綺麗な花はいくらでもある。「ほんとだ咲いてる!」この確認こそが大事なのだ。

お花見というのは普段は仕事だなんだで忙しい大人たちが友人たちと集まるとっておきの口実、恒例行事としても大いに機能している。そこは私もとても大事だと思うのだけれど、やっぱりちょっと苦手かもと思う部分が、ビニールシートを敷いて床に座ることなんですねえ。だって地べたに座るのってまだこの季節は寒いし、ずっと座ってるとお尻痛いし、スカートでもパンツでも何だか気になるし、飲み物がこぼれたり食べ物が取りづらかったりするし。お花見でなくても子供と公園でお弁当を食べる時なんかはそうするけれど、普段からそういう機会も増えたこともあって、今年はカフェでお花見をすることにした。何年か前に飯田橋駅近くのCANAL CAFEで夜にお花見をしたことを思い出し、近くに住む友人を誘って子連れお花見ランチです。

飯田橋駅から1分というロケーションも抜群に良いけれど、もともとボート場だったところをイタリアンレストランにしたという外観もお洒落なCANAL CAFEはお堀沿いのウッドデッキで神田川を眺めながら食事ができる。その上、この季節はデッキにたくさんの桜がグイグイと枝を伸ばして咲き誇る。ビニールシートいらず、お弁当いらずのカフェお花見って本当にありがたい。このお店、ランチは予約できないということなので開店の11時半に行ってみたところ、お店の入り口から川沿いに既に大行列が。とても気持ち良く晴れていてあたたかい日だし、桜も見頃だし、みんな考えることは同じだな〜と思いながら、やっとの思いで最後尾へ。「これ、200人位はいるんじゃないの?」「並んでもお店に入れるの夕方とかじゃないの!?」と不安に思うほどの大賑わい。けれどお店のオープンと同時にその列は少しずつ前に進み始めたので、試しに並んでみることにしました。「ここで満席です」なんて途中で言われたりしたら諦めてどこか別のお店を探したりするんだろうけど、列はコンスタントに進み続けていたし、ウッドデッキのテーブルにはまだまだ空席が見えたし、桜を見ながら友達と話しながらだったので、長い列に並んでいることがあまり気にならなかったな。しかしようやく席に着いた時には、なんと13時。1時間半も並んでたなんて!そんな感覚なかった!この現象、何かに似てるなと思ったらディズニーランドのアトラクションと同じですね。あんまり苦じゃなく、1時間とか何故か並べちゃうんだよな。絶対楽しいことが待ってるってわかってるからなのかな。

美味しいグリーンカレーやパスタなどを食べながらのカフェお花見、とても良い時間でした。入り口で食事をオーダーするのに時間がかかることが行列になっちゃう要因のようで、並んでいればウッドデッキも広いし中はそんなに混雑してないので行かれる方は怯まずに並んでみてください(笑)。

ちなみに30分600円でボートも乗れるんだって!

f:id:miki0507:20170405212426j:image