読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されジョーズ

music writer 上野三樹

『リサとガスパールの絵本の世界展』に行ってきました。

先日、絵本『リサとガスパールにほんへいく』を当ブログで紹介したところ、ありがたいことに速攻で公式ツイッター@Gaspard_Lisa_JP)さんにリツイートしていただきました。嬉しくてツイッターをのぞいてみると、なんと『リサとガスパールの絵本の世界展』がはじまる前日というタイムリーな話題だったようで。しかも『リサとガスパールにほんへいく』ではリサとガスパールが京都を旅する内容でしたが、今回は『リサとガスパールとうきょうへいく』の刊行記念でのイベント開催だというじゃありませんか。遂に!リサとガスパールが!東京に!!

というわけで早速、リサとガスパール好きの娘3歳と新宿高島屋に行ってきました。約120点におよぶ原画展示ゾーンがかなりの充実度で、間近で見る油絵は本当に美しかったです。過去の作品はもちろん、新作『リサとガスパールとうきょうへいく』の原画も展示されており“うさぎでもないいぬでもないパリの住人”であるリサとガスパールが渋谷の人混みの中に紛れ込んでいたり、東京タワーやスカイツリーを眺めたり、展望台から東京の街を一望するシーンが描かれた作品たちに釘付けになりました。何というか、「ファンタジーの壁を突き破る」という表現を前回しましたけれど、そんなもんじゃなく、慣れ親しんだ東京の街の中にリサとガスパールが紛れ込んでいる姿に思わず「こんなことってあるんだ……!」という不思議な感動を覚えました(ないんだけどね)。ちなみに私、絵本『リサとガスパールとうきょうへいく』が刊行されると知るやいなや、Amazonで予約購入ボタンをポチりしました。その瞬間、「もしかしたらイベントで先行販売あるんじゃ……」という予感もよぎったのですが、やっぱりイベント会場での先行販売ありました。早く読みたい気持ちをグッとこらえて新刊の購入はせず、しかし大量に販売されていたグッズ(リサとガスパールが東京観光しているポストカードはマストです、あとは綺麗にイラストがプリントされたマシュマロとか)の誘惑には勝つことが出来ず帰宅いたしました。

東京での開催は本日までですが、4月26日からは大阪高島屋ではじまるようです。なお娘の反応ですが、普通に絵本を見るように原画を楽しんでいましたが、やはり「原画って綺麗〜!」とか思うまでには至らないようで(当たり前か)。最後にヴィジョンで『リサとガスパール』のアニメが放映されているエリアに入り浸っていました(それは家でもできる!)。子供連れの方ももちろん多いのでゴールデンウィークにでもお出かけください。早くAmazonから新刊届かないかな……!

f:id:miki0507:20170417125632j:image