愛されジョーズ

music writer 上野三樹

映画『あのこは貴族』、共感と分断のはざまで。

先週は映画『あのこは貴族』を観て、とても良かったのでパンフレットを買おうとしたら売り切れていたので、まだこの作品の世界に浸っていたくてすぐに原作を一気読みしました。

f:id:miki0507:20210315125212j:image

東京生まれの箱入り娘・華子は、結婚を焦ってお見合いを重ね、ついにハンサムな弁護士「青木幸一郎」と出会う。一方、地方生まれの上京組・美紀は、猛勉強の末に慶應大学に入るも金欠で中退。現在はIT企業に勤めながら、腐れ縁の「幸一郎」との関係に悩み中。境遇の全く違う二人が、やがて同じ男をきっかけに巡り会いーー。“上流階級”を舞台に、アラサー女子たちの葛藤と解放を描く傑作長編。

これが山内マリコさんの小説『あのこは貴族』の文庫版に書かれているあらすじ。

 
箱入り娘の華子を演じたのは門脇麦さんで、地方出身で東京でもがきながら生きる美紀を演じたのは水原希子さん。この二人と関係を持つ幸一郎役に、高良健吾さん。冗談も嫌味も通じないような純粋な華子が瞳で訴えかけるような演技はクラシカルな音楽と共にスクリーンいっぱいに広がり、美紀を水原希子さんが演じられたことで「あっちの世界」とか「階級」といった隔たりを感じても憎んだり排除するでもなく自分の芯や知性を感じさせる人物像が浮かび上がっていました。そして無意識的に薄情な幸一郎をどこか憎めないキャラにしていたのは高良健吾さんのスマートすぎる王子様的佇まいとふとした仕草に見せるちょっとした子供っぽさ。そしてこの映画でとても重要な役割だったのが、華子の友人でバイオリニストの逸子。この役を石橋静河さんが生き生きと瑞々しく演じられたことで、この作品が今伝えたかったメッセージと斬新さが説得力を持った気がしました。というのも、華子の友達である逸子は、あるきっかけで美紀と幸一郎がただならぬ関係であることを察し、その男こそが華子の婚約者であると気づく。そこで逸子がとった行動が、結構意外な方向性だったんです。なるほど〜と思ったと同時に、私も、ちょっと違うけどこんなことあったなと、思い出すことがありました。

昔、地元のファッションビルでアパレル店員をしてた20歳くらいの頃、店頭で働いていたら、知らない女の子が訪ねて来て「あの〜、ミキさんですよね。私、◯◯の彼女なんですけど」と言う。えーっと、元彼の今カノ、てやつですね。で、何をしにきたか。「◯◯と別れたいと思ってるんですけど、なかなか別れてくれなくて。ミキさんはどうやって別れました?」だって(笑)。別れる方法を聞きにきたんだった。私たちは「被害者の会」とか言ってすぐさま意気投合し、無事にその子が私の元彼と別れた後も仲良くしていた。今でもSNSで彼女の近況を目にすることがある。うんと年下の夫と可愛い子供と地方都市で楽しそうに暮らしている。

『あのこは貴族』の映画紹介で「シスターフッド」と書いてあった。女性同士の連帯を意味する言葉だ。かつての私たちはあの時すぐに打ち解けあったけれど、やっぱり華子と美紀では育ってきた環境も経験してきたことも何もかも違うし、映画の中でも接触はあるものの直接的な連帯というのは描かれていない。

新型コロナウイルスが世界を覆いつくしてしまった時代に「わかるー!」っていう安易な共感とか、もうそんなものは必要なくなっていると思うし、かといって、様々なカテゴライズ(結婚してる/してないとか、子供がいる/いないとか、シングルマザーや専業主婦とか、特に女性たちを分断しようとする隔たりはとても多い)から対立を生むのも絶対に間違ってるでしょ?っていう強いメッセージを原作から迷いなく抽出できたのは、監督・脚本の岨手由貴子さんの手腕もあるのだろう。境遇の違う人同士、どうすれば理解しあえるのか、そもそも理解し合う必要なんてある?そんなモヤモヤした気持ちを美紀が放った言葉が一瞬で晴れやかにしてくれた。

それぞれに住む世界が違う、わかりあえない私たち。でもそれぞれの痛みや葛藤に触れることで相手を攻撃したり排除するのではなく、「別の世界で生きるあのこ」を小さな勇気として心にしまうようにして、互いにまた前に進んでいくような。そんな連帯がこの映画を温かく包み込んでいる。

映画を観てから小説を読むと、文字通り行間が埋まるというか、細かいいきさつや心情を知ることができた。でも描かれなかったシーンやセリフも全て物語ってしまうような、役者さんたちの素晴らしい表情と佇まいを思い出しながら、何度も反芻したくなるような映画でした。雨のシーンも多く、しっとり上品、だけども温かみのある素敵な作品です。

youtu.be

anokohakizoku-movie.com

佐藤可士和展に行ったよ。

慢性的なエンタメ不足のため3月は絶対に美術館に行きたいと思っていて、国立新美術館佐藤可士和展に行ってきました。チケットは日時指定のオンライン予約になっていて(当日の販売もあるらしいけどオンライン予約が推奨されています)、朝イチの時間帯に行ったこともあり、入場時に待たされることもなく、中も空いていて快適に見ることができました。コロナ禍でこうなってるんだろうけど、以前の美術館は混みすぎて入場にすごく時間がかかったり、中に入っても人だらけで展示が見えないなんてこともよくあったので、これは良い。そう言えば、国立新美術館のロゴも佐藤可士和さんによるもの。どうしてこれが「新」と読めるのか不思議ですが、読めちゃいますよね。緻密に計算し尽くされています。

f:id:miki0507:20210307234805j:image 

会場に入ると、更に混雑を防ぐために?ほとんどの作品が撮影OKでした。どういうことかというと、解説だけのところあるでしょ、じっくり読みたいと思って立ち止まるでしょ、そんな時すかさず「こちらは撮影OKですので撮影して中にお進みください」ということなの。私はよく美術館では「読みたいし!でも早く見たいし!」で興奮して早く読もうとして全然頭に入ってなかったりするので(笑)、後でランチとかしながら撮影した画像の解説を読み直す方がじっくり味わえて、こちらも良し。

一番最初に、佐藤可士和氏が描いた小さい頃の絵とか、始まりのエピソードがあるんですけど。小学生の時に、スポーツウェアもアディダスのロゴが入っているだけで価値が上がるんだと気付いていたとか、そこからもう歴史は始まってるわけ。そこに父親が建築家で父の設計した家に暮らしているという初期設定も加わっていたりして、人の人生ってやっぱり必然なのかなと思ったりもして…。

展示はものすごい量で、しかもエリアごとにエンタメ空間になっていて非常に楽しめました。あれもこれも、私たちの生活は佐藤可士和デザインに溢れているんだなと。かと言って〈佐藤可士和印〉を押し付けられているわけでもない。消滅の危機にあった今治タオル復活にまつわるエピソードとか、デザインだけじゃなく、その業界のルールすら変えて、活性化させるような提案をしているところが面白い。

 

f:id:miki0507:20210306230734j:image

これ全部セブンイレブン。それぞれ「正しい」って感じのデザインと圧巻の商品数。バラバラなようでここにもルールがあるんですね。


f:id:miki0507:20210306230743j:image

SMAPのベスト型のCDジャケット懐かしい!

f:id:miki0507:20210306230739j:image

でかすぎる。楽天ジャイアントお買いものパンダ。

 

中でも一番感動したのは、ふじようちえんのプロジェクトでした。ぐるっと一周、園舎の屋上部分を駆け回ることができる、一度見たら忘れられない斬新なカタチ。それは佐藤可士和氏が「園長の思いを全部叶えられるのはどんな園舎なのか」を考え抜いてできたもので。アイデアいっぱいの、その園長がいなかったら決してこのカタチにはならなかったんだろうし、それでも「旧園舎と新園舎は空気感が同じ」であるということ。何でも斬新で画期的であればいいわけじゃなくて、ちゃんと大事なものは残しつつクリエイティビティを発揮する仕事の取り組みは素晴らしいなと思いました。

 

f:id:miki0507:20210306230600j:image
f:id:miki0507:20210306230555j:image

 

個人的に一番びっくりしたのはこれでした↓ハイスタ。

 

f:id:miki0507:20210306230633j:image

 

グッズもいっぱいあって何にしようか迷って、これ。ガトーフェスタ ハラダのグーテ・デ・ロワ 佐藤可士和デザイン セブンプレミアム ゴールドパッケージ。

f:id:miki0507:20210307234844j:image

 

そして帰りには前からずっと行ってみたかった乃木坂のパン屋さん(バイキングベーカリー エフ)でサンドイッチを買いました。国立新美術館から歩いて行くのにちょうど良い距離です。

www.vikingbakery.jp

f:id:miki0507:20210306230930j:image

いちごを挟んでる食パンにチョコ混ぜ込んでるとか反則技。卵サンドも美味しすぎかよ。福岡にも2店舗あるそうです。寄ってみてね。

 

 

映画『花束みたいな恋をした』にある本当のしんどさのこと。

昨年から公開を楽しみにしていた映画『花束みたいな恋をした』を観てきました。脚本家・坂元裕二さんのオリジナル脚本による恋愛映画で、菅田将暉さん演じる山音麦と、有村架純さん演じる八谷絹が恋をした5年間が描かれている。明大前の改札口で始まったふたりの恋の、とても美しい透明感とリアリティのある濃厚さ、そして残酷なまでのドライさまで全部がギューッと凝縮されたような、見事な124分でした。映画館を出て家に帰ってパンフレットをめくりながら、また泣いてしまうほどの余韻。それが結構、長く続いて、ああこれは余韻というか、ショックを受けているのだと気づいた。

f:id:miki0507:20210221224909j:image

坂元裕二さんの脚本によるドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が大好きでした。このドラマは有村架純さんと高良健吾さんが演じるラブストーリーで、主人公ふたりの名前が音と練という、一文字ずつなのも、映画『花束みたいな恋をした』にどこか似ている。あと、ファミレスのシーンが超重要な役割を果たしているところも。調べたら2016年に放送された作品だったけれど、私の中ではそれ以降の日本のドラマでこの作品を超えるほど好きなものはないというくらい。全ての登場人物が愛おしく切なく絡まり合って、忘れられない。このドラマの好きなところを書き始めると(音が練のじいちゃんが生きてた時の買い物のレシートを読み上げるシーンの素晴らしさとか)長くなるのでやめておく。

映画『花束みたいな恋をした』が公開されて、すぐに観に行けたわけではない。昨年からチラホラ見かけた前評判も、あまり読まないようにしていた。それでも、とても良い作品なんだということと、同時にしんどい作品なんだろうということは伝わってきた。だって、観る前からわかる、タイトル『花束みたいな恋をした』って、過去形だもん。『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』のと同じく、終わりがくるとわかってて、見始めなきゃならんのです。

映画を観終わって気づいたのは、この作品にある、本当のしんどさでした。例えば、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の登場人物たちには、生い立ちだったり生きている環境が、あらかじめ厳しいというしんどさがあった。恋が上手く行かないのは、その環境や時代のせいにもしてしまえる、しんどさだった。そういえば、今、放送されているドラマも、登場人物たちがどれだけしんどい事情を抱えているかを次々と披露していくような内容のものが多いのは時代のせいでしょうか。『朝顔』は育児と夫の単身赴任と父親の認知症と入院中のじいちゃんと、ハードな仕事とのしんどさミルフィーユ状態。『にじいろカルテ』もそうだよね、村人たちのしんどさのど自慢大会みたいなもんだもん。

ただ、麦と絹の物語には、そうした要素は一切描かれていなかった(そりゃあ麦がイラストレーターとして上手く行かなかったとか、絹が就活で苦しんだとか、多少はあったけど)。もっと大変なことが起こるかと思いきや、特にないの。そこが、この映画で描かれた本当のしんどさだと思った。ふたりの恋が、少しずつイビツな形になって、いつしかきらめきを失ってしまったのは、周りの誰かのせいにも、時代のせいにもできなかった。君と僕、がここにいることそのものがお互いにとって苦しいものになってしまう。それって何よりもしんどいでしょう。

あんなに目を輝かせて語り合った、彼らが好きな音楽やカルチャーは、その苦しさを乗り超えるものにならなかったのか、とも思うし、まあそんなもんか、とも思う。ただ、社会に出て、それなりにやりがいを見つけて働きながらも疲弊して家ではパズドラしかやる気がしなくなってしまった人って、この日本にたくさんたくさんいるのは事実だろうし、やっぱり悲しい。最後のファミレスのシーンで「またそうやってハードルを下げるの?」って突きつけられたセリフも、恋愛と結婚の線引きにおいて、リアルすぎて、この辺も衝撃が後から後からきます。何より、案外ドライな「その後」が、彼らの頼もしさでもあり、ホロ苦い後味として感じました。恋なんて、またいくらでもできるもんなあ。それがどんなに尊くて美しいものだったとしても。

 


『花束みたいな恋をした』本編映像【2人だけの新生活編】

心理学の勉強を始めて気づいたこと。

大学の単位認定試験も全て終わり、そろそろ2年目の履修登録をしなきゃいけない時期になってきました。心理学専攻とはいえ専門的な授業はまだいくつかしかなかったのですが、ひとつ気が付いた重要なことがあります。それは、実は心理学って理系なんだってこと。統計学、データ分析、エクセルでのグラフや表の作成、めちゃくちゃやらされます。心理学を学ぼうとする人のほとんどが文系で、数学が苦手な人も多いので、これは結構な落とし穴のようです。はい、自分も完全にこの落とし穴にハマりました。

「心理学は科学的なものの見方に最もこだわっている学問」だそうで、科学的な立場を放棄した心理学者など、ただの心理学マニアだ、なんて言われよう。大学を出て、大学院まで進んで、資格試験を受けようと思っている人にとっては実験法・測定法・統計法を学ぶことは避けて通れぬ道のようです。はぁ……今さら積率相関係数とかやると思ってなかったし(つうかそもそも高校で習ったっけ)。平均値、中央値、最頻値まではわかるけど、有意水準とか臨界値とか出てきたら、ただ泣きた〜くな〜るの〜♩ですよ。ミポリンな。エクセルも使えないのに適当にグラフ作って提出したレポート、やっぱり不合格でした。

ここは1から勉強しようと「こども統計学」を読んでみました。

f:id:miki0507:20210206231625j:image

うん……オラにもわかるだよ……。でもその後ろに控えている「心理学実験演習図表作成マニュアル」への飛距離が遠すぎる。振り返れば、数学なんて自分の人生に絶対必要ないと思ってたな。高校3年生の時に、進学校の中でひとクラスだけ設けられた美大・音大・短大のコースにいたので、数学の勉強してる人は周りにいなかったな〜なんて思い出してたら。かつて私と同じクラスで卒業後は美容系の専門学校に行ってヘアメイクアーティストとして活動している友達が今、化粧品成分の検定に挑戦していることを知りました。彼女もまた、苦手な数学に今になって向き合っていると。「でも大人になった。今の私ならできるかもしれんやん。」って懐かしい博多弁で書いてあって。そうだね。今までの人生経験が、苦手なものにも立ち向かう勇気になる、かもしれないが。脳みそ、ついて行けるかいな!?誰か統計とかエクセルとか得意な人いたら教えてください!

雪が降って、Clubhouseが始まった。

前回のブログから1週間、というスパンなので、今週あった出来事を。まずは28日の木曜日、東京に雪が降りました。しかも大粒の雪がすんごい勢いでずんずん落ちてくる。その様子を見て「散歩に行きたい!」と誘ってきた娘と一緒に、空に向かって口を開けてパクリ!(多分、不衛生なんだと思うけど笑)行列のできるかき氷屋の削りたての氷みたいに、ふわっふわな雪が塊でガンッと口に入ってくる感じを楽しみました。

f:id:miki0507:20210131230301j:image

*雪が、デカい。 

それから今週は、音声配信のみの新たなSNS、その名もClubhouseが日本で急速に広まりました。文章や映像はなく、声だけでそれぞれがルームを作って何人かで雑談し、それをみんなにリアルタイムで聞いてもらい、アーカイブはなし。招待制なので、誰かに招待されないとアカウントを作っても参加することができないという状況も、みんなの気持ちを煽ったのかメルカリではClubhouseの招待枠が1万円近くで販売されるという事態に。何より、コロナ禍の中で「雑談」というものに人は飢えているんだなーと感じました。ほんと、普段生活を共にしている人同士以外とは、どうでもいいことを人と話す機会って日常の中でかなり減りましたよね。例えば私が普段しているアーティストのインタビューでも、会えばインタビューの前後に世間話的なことをしたりするんですけど、Zoom取材だとなかなかそうはいかなくて「ではこれで終わりになります」「はーい、ではまた!」みたいな感じで終わっちゃう。道で知り合いに偶然会っても、わざわざ声をかけて話しこむことを遠慮しちゃうことだってあるじゃないですか。お互いにマスクしてるしね。そういう細かいフラストレーションが溜まりに溜まった上での雑談欲求がClubhouseで爆発している気がします。Twitterの時もそうでしたが、SNSが急速に広まっていく時って、妙な高揚感があって面白いですね。今はかなり初期段階だからか、みんなフォロワーを増やしたいらしく「相互フォローのための無言部屋」なんてルームもたくさん立てられています。何も話さず、ただそこに集まった人たちでフォローし合うようです。Clubhouseでルームを作りながら話さないというのは、Twitterで言えば何も書いていないのに投稿している、Instagramで真っ白い画像だけをひたすらアップするみたいな感じでしょうか…。そこで「ミュート部屋の乱立が、サービスの価値を毀損する話」みたいなルームが出てきたりだとか、みんなどうやって使うか探り探りな感じで、しばらくしたら落ち着いてくるのかもしれないですが、今はとにかくカオスです。しかし「広瀬香美の発声練習ルーム」とか著名人の方の面白いルームもあるので時々覗いてみています。今こうして雑感を述べていますが、ひとつ注意しなければならないのが、Clubhouseで行われている会話を録音したり文字起こししてテキストにしたりするのはNGという規約があります。「オフレコを他で話すな」というのが参加者全員のルールだそうです。へぇ〜。なので面白い話を聞いても、迂闊に書けない。芸能人の方で参加されている方もたくさんいますが、言っちゃいけないことを言っちゃう人もいるだろうし、今後は事務所が所属アーティストのClubhouseを禁止したりなんてことも大いにあるでしょう。実際に有名な芸能レポーターが参加して聞いているそうですし、もちろん、そこでの話をテレビで話したりすることはできないというルールなんですが、そこからスキャンダルが漏れたりなんてこともありえますからね。

私もご招待をいただきまして使ってみてはいるんですが、まだ一度も声を発してはいないです(笑)。聞いてるだけ。だってClubhouseが盛り上がってるのって、夜〜深夜にかけてで、なかなか話すテンションじゃないことも多くて。でも、Clubhouseを使って、親しい人たちと楽しいことやりたいなと企画中です。

f:id:miki0507:20210131230324j:image

*私のClubhouseのアカウントです。喋る時は聞きにきてください!

 

 

久しぶりすぎるブログ(生きている 音がする)。

前回の記事、去年の5月でした。読み返してみると、緊急事態宣言で変わった日常の様子にしみじみしていたり、自粛疲れなんて言葉があったり、こんなことはすぐに終わるだろうと捉えて前向きに生きていこうとする気持ちが感じ取れました。自分が書いた文章だけど、何だか新鮮だったというか、そうか、これがまだまだ続いて、第2波、第3波と続いて、年が明けて2021年にまた緊急事態宣言下の東京に生きているなんて思いもしなかったんだよな、と。

まあでも本当に、悲観的とまではいかないにしても、うっすらとした不安がずーっと続いている感覚がある。そんな中でも、個人的には、この(ブログを書いてなかった)間は仕事をしたり、大学の通信部で心理学の勉強をしていたり、韓国ドラマにハマったり、最近はストレッチやピラティスを始めたり、ゆるくグルテンフリーな食生活で健康に気を使ってみたりして日々を過ごしていました。

特に大学の勉強は、コロナに関係なく通信だから全てメディア授業(録画されているもの)なんだけど、現役の時に短大に数ヶ月しか通ってなかった私にとっては40代になって真面目に受ける授業は本当に楽しくて。専攻の心理学はまだ1年だから基礎的なものだけど、他に仏教とか社会学とかジェンダーとか色んな科目を学ぶたびに「私よくこんなことも知らずに生きてきたなー」と思うことがあったり「これは40代の今だからこそわかるな」と思うことがあったり。高校までの授業って割とカリキュラムが決まっててそれを満遍なくやっていく感じだと思うけど、大学の授業は教授の興味がある部分をピンポイントに掘っていたり、キャラ全開で偏った進め方をする人が多くて(私の大学が特にそうなのかな…)、そういうところも新鮮で。こういう世界を私は知らなかったなー、と実りの多い時間です。

とはいえ、春に休校で娘が小学校に通えなかったり、そもそも大学での勉強の仕方がわからなくて手間取ったりしていて(レポートの書き方とか!)、そうしているうちに秋になり、単位を全然取れていなくて焦ったんだけど、年末にかけて巻き返して、そこそこ単位を取って1年目を終えようとしているところです。この調子で少しずつ勉強を積み重ねて行きたいなぁと思ってます。

去年はコロナ禍で音楽業界もかなりの打撃を受けましたが、そんな中でも年末の松任谷由実さんをはじめ、あいみょんさん、坂本真綾さん、JUNNAさん、藤原さくらさん、吉澤嘉代子さん、竹内アンナさん、ちゃんみなさん、Awichさん、miletさんといった女性アーティストや、スキマスイッチUNISON SQUARE GARDENやリュックと添い寝ごはん、OmoinotakeやKALMAといったバンド系までたくさんのアーティストに取材させていただきました。コロナ禍でライブができなかったりする日々の中で、しばらくは曲が書けなかったと言っていた方も多かったです。でも今年に入ってからは特に、そんな今だからこそ生まれた音楽がたくさん届けられている気がしていて、心強く感じます。

f:id:miki0507:20210124224729j:image

*Zoom取材もまだまだ続きそう*

やっぱりポップ・ミュージックは時代を反映するものだし、着たり食べたり住んだりするものではないけれど、生きていく力をくれる大切なものなのです。それだけは間違いないんだと信じられる人に、彼らの音楽がちゃんと届きますように。また近いうちにブログを書きます。

〈生きている 音がする〉ーーBase Ball Bearの新曲「ドライブ」

youtu.be

“おうち時間”どうでした?ありましたそんな時間?

お父さんが公園でボールを投げて、息子がバットを構えて打ち返している。先日、そんなよくある光景を見かけた。しかしそれはよく見ると「よくある光景」ではなかった。お父さんが投げているのは実はボールではなくバドミントンの羽根で、息子はそれを器用にバッドで大きく打つと、なんとお父さんの背面から数メートル離れた後ろ側に、バドミントンのラケットを構えた娘さんがいてそれを華麗に打ち返すのである。何ともお見事。おそらく、リモートワークで体がなまってきた父親と、休校で部活も出来ない野球部の息子さんと、同じくバドミントン部の娘さんが、共に体を動かすために考え出されたチームワーク抜群のシステム。2020年の春はコロナ禍であっという間に失われてしまったけれど、そんな光景を見れたことはささやかながら何だか得した気分だった。少し外を歩くだけで、縁側で娘さんに髪を切ってもらっている御婦人の姿や、庭にテントを張ってキャンプ気分を味わっている子供と母親の姿とか、普段だったら見られなかった日常がそこかしこに溢れていた。

うちの子供の小学校で入学式がかろうじて行われた翌日、4月7日に緊急事態宣言が出されてからの完全自粛モードの日々が、ようやくひとつの出口に差し掛かっている今日この頃。毎朝、家族全員で体温を測ること、ラジオ体操をすること、新聞を読むこと、そんな新しい習慣がいくつかあった。小1になったばかりの娘は、学校に全く通えないまま、なわとびができるようになり、自転車にも乗れるようになった。一番びっくりしたのは、入学前に用意した体操着を着せてみると、もうサイズが小さくなっていて、パツパツで自分で脱ぐことが出来なかった。これにはショックと同時に、家にいてばかりだったこの2〜3ヶ月でも子供はかなり成長しているんだとひしひしと感じた。

とりあえず6月からは(早ければ今月末からは)東京でも少しずつ「新しい日常」とやらに移行していく様子。まだまだ色んな問題が山積みだし、そもそもみんなさんざん自粛疲れ(特に休校中の子供がいながら仕事をしていた人たちおつかれさま)していると思うので、ゆっくりペースで、やらなきゃいけないことも楽しいことも、取り戻していきましょう。結局、なんだかんだで「おうち時間」的なのんびり優雅な時はあんまり過ごせなかったなあ。

 

f:id:miki0507:20200523225120j:image

ひとまずビールでも飲も…