読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されジョーズ

music writer 上野三樹

大塚愛『LOVE HONEY』、全面支持。

知人の女性がいつだったか話していた、こんな言葉が頭の中にひっかかっていた。「世の中は芸能人や政治家の不倫だとかって騒いでるけど、実際は旦那が浮気したってそんなに大きな問題じゃないって私は思うんだ」。そしてこうも続けた。「日常の中で私たちは…

3歳女子のケッコン願望。

ホテルの結婚式場でケーキ入刀をしながら笑っている新郎新婦。そんなありがちだけれど特別なワンシーンを収めた写真をリビングの目立たないところに飾っている。娘は2歳を過ぎたあたりからこの写真がいたくお気に入りで、よく眺めては「これはだあれ?」と聞…

遂に尾崎世界観さんにお会いした話。

職場結婚なんてのもよくあることだから、同じような仕事をしている夫婦って世の中にはたくさん存在すると思います。私は音楽ライターで旦那は音楽雑誌の編集をしているので、うちも同業者みたいなものです。家庭内で仕事にまつわる話ができたり、大変さが理…

『リサとガスパールの絵本の世界展』に行ってきました。

先日、絵本『リサとガスパールにほんへいく』を当ブログで紹介したところ、ありがたいことに速攻で公式ツイッター(@Gaspard_Lisa_JP)さんにリツイートしていただきました。嬉しくてツイッターをのぞいてみると、なんと『リサとガスパールの絵本の世界展』…

はじめてのならいごと問題。

高校生の時、私は結婚も出産もしないと思っていました。それなのに何故か「もし自分の子供を育てるなら何を習わせたいか」ということだけはぼんやりと考えていました。始めるのなら早い方がいいと決め込んでいたのは、2歳とか3歳とかの時期に何かをスタート…

出オチ感最高、絵本『わにわにのおおけが』シリーズ。

娘3歳が初めて絵本を指差して文字を読むようなそぶりを見せたのが『わにわにのおおけが』。特に「お」という文字が好きみたいで「お・お・け・が!」と楽しそう。小風さちさんが物語を作り、山口マオさんが木版画で絵を担当されているこの絵本は『わにわにの…

幼稚園という世界の入り口に立っている。

本当に玄関で挨拶するだけの家庭訪問が無事に終わり、とりあえず制服に名前を書いて着せて幼稚園の入園式。8時半に登園させてもお迎えは11時半という午前保育が続く中、原稿を書いたり、保護者会なるものに初参加したりして慌ただしく日々が過ぎていく。桜も…

お花見は好きだけど地べたに座るのが嫌。

3月の終わり頃はまだ冬のように寒い日もあって、お花見のことなど考えられないのだけれど。それでもやっぱり4月に入るとそれなりに温かくなって、やっぱりきっちり桜が咲く。毎年わかってはいるけれどイマイチついていけないことのひとつだ。 「あ、桜が咲…

ファンタジーの壁を突き破る、絵本『リサとガスパールにほんへいく』。

娘3歳がNetflixで好んで観ているアニメは『ろばのトコちゃん』、『うっかりペネロペ』、『ぼくチロ!』、『ふうせんいぬのティニー』など色々とあるのですが、中でもお気に入りは『おさるのジョージ』と『リサとガスパール』。この2作は図書館で絵本も借り…

死ぬほどずっと玄関のことばかり考えていたよ。

さて。4月に入り、娘が幼稚園の入園式を迎えるまでのわずかな春休みがスタートしたわけですが。なんと入園前にこれからお世話になる担任の先生による家庭訪問があるというではないですか。これまでの保育園生活では一度も先生が家に来るなんて事態はなかった…

『べっぴんさん』終了、全く走らない朝ドラヒロイン。

遂に朝のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』が終わった。このドラマの主人公は子供服メーカー『ファミリア』の創業者がモデルで神戸を舞台に繰り広げられるということもあり、興味を持ってずっと見ていた。私自身、神戸には親戚がたくさんいて、娘にとても可…

保育園生活の終わり。と、はじまり。

いつかこの“最後の日”がくることを想像するだけで涙が出そうだったのに、案外サラッとしたもんで、まだまだ実感が沸かない。昨日で娘の保育園での生活が終わった。生後3ヶ月から通わせたから、3年間、同じ保育園でお世話になった。今月からは幼稚園に入園し…